10月28日
今日は11月3日に開かれる教会のバザーの準備に連れて行った。なかなか、かってのように積極的には教会の人達とは馴染まないけど、それでも今日はそれなりに交わりに関わってくれた。
会堂の玄関前の植え込みに雑草が茂っているので、二人で草取りをしたが、案外活動的に
奉仕をしてくれた。感情の起伏はあるが、それを上手く、しかもタイミング良く察知して、感情の動きにこちらが合わせてゆくと比較的平穏だ。昨日NHKの番組、「プロフェッショナル」の再放送を観る。脳科学者の茂木さんの解説を通して脳の訓練による活性化が可能であることを再認識する。
しかし問題は本人が自覚するかどうかだ。その気になってくれないと何も出来ない。
今日の「ためしてガッテン」も脳の活性化の問題を取り上げていた。一緒に観たがどこまでわが事として理解してくれたか。やはり一方的に押しつけるのではなく、僕自身が高齢と共に衰えているから一緒に訓練しようという姿勢が大事なようだ。
アルツハイマーは完治しないと聞く。出来るのは進行を遅らせるだけだと言う。そうかも知れない。しかし例外があっても良いではないかという思いだ。それだけに、たとえ結果が進行を遅らせるに留まるにせよ、唯一の例外を信じて何とか引っ張り上げたい。
だからどのような場面に遭遇しようとも、限りない忍耐で受け止め、ひたすら向上を目指して介護(介護というのか、介助というべきか)する以外に答えはなさそうだ。友人達にもお願いして、本人を中心に交わり語り合える機会を作って頂けるようしたいと願っている。妻を支えることは神からの試練であろう。それに耐え、それに挑戦してゆくこと自体が僕の立場としての信仰の証かも。
プロフィール

yeti0328

Author:yeti0328
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード