鳥たちの受難

2011年1月27日(木)
PC100595_convert_20101210231733.jpg


北海道から九州まで鳥インフルエンザが蔓延してきた。我が家の庭に来る野鳥も大丈夫なのか?国境のない大空を住みかとする野鳥にとり蔓延を防ぐ手立ては難しいだろうが、何とかしてやれないか。庭の餌箱には嬉々とした野鳥の姿が今は見られるが、見られなくなる事態だけは避けたいものだ。

昨日今日と妻の定期の診察日が続いた。脳梗塞の進展は脳のCTを見る限りなさそうだった。幸い小さい梗塞であったので、運動障害はさほど深刻でなく言葉が多少不自由なようだ。
しかし本人は自覚していない。これは共通していて、難聴も、アルツハイマーも認めないのと同じパタンーかもしれない。それだけに地域包括センターの支援で外階段に手すりを設けることも不満のようだ。誰のためにそのようなことをするのかと、いささかプライドを傷つけているようだ。
歩くこと、脳の鍛錬のためのドリルも、読書も全て妻に取れば馬鹿らしいと思うようだ。手仕事の趣味を想い起こさせ教会のお仕事会に参加させるべく牧師の支援も得て教会の皆さんの理解のもとに環境作りを進めているが、果たしてこれに乗ってくれるか、水際まで引っ張って言っても水を飲ませることが課題なのだ。
妻を見る限り私以外には心を許して頼るものがいないようで、私が少しでも娘や孫たちと会話をしていると極端に不機嫌になり居場所がないと寝室に籠もるのだ。100パーセント独占したいと言うのが心情のようだ。
さてどう対応するか??
プロフィール

yeti0328

Author:yeti0328
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード