せめて聞こえてくれれば

2011年12月26日(日)
PC260121_convert_20111226114916.jpg

2011年のクリスマスも終わった。どなたにもカードをだせなかったのに、頂くばかりで申し訳ない。生活のリズムが何か落ち着かない。カードや年賀状の準備がタイミング良く準備が出来ない。日常やらなければならない事ごとに、かろうじて時間を割いている感じだ。僕にとれば最低の学びは教会奉仕の為の説教準備と、それのまつわる学びだけであり、これは欠かせないルーティンで、それ以外は家事全般がきわめていい加減になっている。妻は主婦らしく身の回りの整理(たとえば衣類の季節ごとの入れ替えなど)は全く手についていないと言ってよい。
掃除、洗濯、炊事といったことはあまり関心がないようだ。勢い僕がこなすのだが衣類の整理までは手が出ない。僕自身いわゆる高齢者で仕事もなくせいぜい町内会の何かに関わるという立場でもないので家事に煩わされるのは僕の貴重な時間を制約されるので精神的にも追い詰められる。目には見えないことだが難聴という症状は周囲の我々に結構面倒なことなのだ。
高校の教師をしている娘は今は冬休みなので、朝食を一緒に摂ってくれている。娘が入れば食卓での会話は華やかになるが、妻はついて行けないようだ。会話の内容とはかけ離れた話題を会話の流れを気にしないで話しかける。そのようなことはこちらが心得ておれば済むが、問題は妻自身が会話について行けない結果を招く。娘の場合は自分には内容がつかめないから、自分が知らないことを話し合っていると誤解し、それが嫉妬に変わる。情報が入らないことは脳の刺激にならないからますます認知症が進むのではないかと懸念する。TVはNHKのニュース以外は劣悪なものだと思い込んでいるが、肝心のNHKのニュースも聞こえないから正しくはフォロー出来ていない。
ドラマも何もかも観ていてもすぐに目をそらしている。要するに聞こえないから興味を引かないのだろう。僕は難聴を克服すればずいぶんの環境が変わるのではないかと思うが間違いだろうか、
どうすれば猫の首に鈴をつけることが出来るか大きな課題だ。
プロフィール

yeti0328

Author:yeti0328
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード