僅かな症状の変化

2015年7月30日(木)
IMG_1885_convert_20150730110852.jpg
礼拝堂の飾花

妻の病状は目に見えるような明らかな変化ではないが、日々接していると確かに進行していることが判る。ほんの僅かな所作でもいつの間にか以前とは違っている。それが極めて徐々に変化するから明らかに目に見えて変わって行くというものではない。僕自身がいつのまにか変化に気づくという始末だ。風呂から上がって容易に着替えられないのは、はじめはあまり気にしなかったが,考えてみれば機能が落ちてきている証拠なのだ。なにかへまなことをしていると、それは違うから『こうしたら』と丁寧に教えると,突然『うるさいわねッ!!』と大声で怒鳴るのだ。今まではなかったことだから症状の変化と言えるだろう。つまりはアルツハイマーが進行しているということだろう。今は方角が完全にわからないから、もし徘徊すればこの暑さの中では完全に行き倒れになるだろう。幸い徘徊は今のところ見られないから良いが、いつかはその日が来るのだろうか。大袈裟でなくて一分前の出来事が記憶にととどまらないのだ。7月は明日で終わる。時間は容赦なく過ぎて行く。
プロフィール

yeti0328

Author:yeti0328
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード