さらなる試練が

2017年9月22日(金)
IMG_1527_convert_20140618120248.jpg

妻が9月8日に退院したことを先のブログで書いたが、その三日後の9月11日に再び入院した。足の傷を治療することが主な目的だが、この入院を積極的に進めてきたのは在宅診療を依頼している医師からであった。僕としては入院が必要なことかを考える間もなく、事態の推移に乗せられた感じである。入院後の妻は日に日に衰えてくる感じだ。今は言葉が出なくなった。立ち上がることも難しくなった。環境の急激な変化による精神的なショックによるものだろうか。現在入院している病棟は外科病棟で主治医も外科の先生なのだ。精神的な変化というものにはあまり関心がないように思うのだ。それとも主治医はすべてを掌握しながらの治療を進めているのだろうか、その辺は僕にはわからない。一方、病院に配属されている退院後の生活を精神的に支援するためのケアマネージャが妻の症状を判断しながらの今後の生活方針を指導してくれている。それは退院後は直ちに施設に入所することだと薦めてくれている。施設への入所が先になるのであれば一応地域包括治療病棟に移す考えでいるが、今はベッドの空きがないという。施設への入所は何時になるかは今のところ僕にはわからないが、手続きは進んでいるようだ。基本的な計画は自宅に戻らず病院から施設へという方針らしい。これは僕には妻が可哀そうで簡単には受け入れられない。いずれは施設にお世話にならざるを得ないであろうが、病院から施設へはちょっと考えたいのだ。出ない声でしばしば家に帰りたいと訴えている妻を知る僕には一応は家に連れ帰りたいのだ。いずれにしろ施設入りが具体的になる時期を迎えて心は複雑である。
プロフィール

yeti0328

Author:yeti0328
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード