歩くこと

2016年10月7日(金)
2016092711410003_convert_20161007170559.jpg
信徒の方からの写真

上の写真は教会の庭に咲くコスモスに小さな蝶が蜜を吸いに来たところ。シジミ蝶というのだろうか。友人のK 先生のFBにはいつも素敵な昆虫の写真が正確な名前を付して掲載される。僕はその才能がないから名前は適当だ。ご存じの方は教えて下さい。
さて、妻のことだが、今日、整形外科でのリハビリが終わり、契約している介護タクシーに迎えを依頼したが20分は待って欲しいということだった。自宅からこの医院までは健常な方の足なら五分ぐらいなのだ。でも家内にとっては結構な道のりだし国道の横断もある。大事をとってケアマネの配慮で介護タクシーが契約されているのだ。しかし今日は午前中素敵な秋晴れで、しかも空気もさわやかだった。20分も待つのならということで歩くことにした。妻は素直に抵抗もなく同意した。しっかりと手をつなぎ、つま先を蹴上げるように注意しながら歩いた。案外しっかりと歩いてくれた。15分足らずで無事に我が家にたどり着いた。
これに少し味を占め、午後友人に出す封書を投函すべく、近くの中央公園と呼ばれるところにあるポストまで妻を伴って歩くことにした。件の整形外科よりは少し距離がある。公園は歩道より少し段差があり、その入り口は緩やかな坂になっている。慎重にその坂に足を進めた途端、妻は崩れるように倒れた。幸い外傷はなかったが、起き上がるのに苦労をした。足をしっかりと踏ん張れないので両手を引っ張っても起き上がることは困難だった。両脇を抱えて引き上げようとしたが結構重くってどうにもならなかった。新聞配達のおじさんがバイクで側を通り抜けたが見向きもしてくれなかった。公園に犬を散歩に連れて来ている方もあったが、我々の苦闘には関心を払ってくれなかった。何とかあれこれ苦闘しながらどうにか立ち上がってくれた。投函を済まし、やっとの思いで家路に向かう途中、一人の年老いた腰の曲がったご婦人に出会った。歩行器(手押し車)を使ってそれこそあえぐように歩いてこられた。すれ違うとき『歩くのは大変です。やっとの思いで歩いているのです。・・・・』とお声をかけられた。大変だと思うが、でもご自分で努力なさるお姿は立派だと思う。妻もかくありたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yeti0328

Author:yeti0328
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード