FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問看護

2016年11月8日(火)
IMG_1696_convert_20141108223019.jpg
ある教会のバザーで買った冬コスモス

10日にシャロームのデーサービスに行くことを今日話した。朝バスが来るから一人で行くんだよと念を押した。一人で行くということを言ってなかった時までは機嫌良くうなずいていたが、一人でという言葉に、すかさず『厭だお父さんと一緒に行く』と言い出した。あまりこの時点で深く関わって行くと、こじれるので、ほどほどにして会話を打ち切った。明日でもまた話してみるが雲行きは良くない。しかし何とか実現したい。昨年のはじめ数回デーサービスに行ってくれたが、その時は送迎は僕の車だった。しかし今回はシャロームの乗り合いの車で何人かの利用者の方が乗っておられる。そうした中に混じって行くのが抵抗の源になりそうなのだ。
バスに乗ってくれれば後はなんとかなると僕は思っている。まあ明後日に賭けよう。
今日は訪問看護師がみえた。毎週火曜日が訪問の日なのだ。血圧、体温、脈拍、聴診器による腹部の診察といったことがおこなわれるが、毎回敵対的な意識を持つ。今日もそうだった。それでも何とか受けられた。あと僕がいろいろと生活の実態を看護師に話していると、それが気に触るようで、『いつまでしゃべってるのッ・・・・・』『もういい加減に帰ってくださいツ・・・』と遠慮会釈なく怒鳴りだした。考えてみると難聴で会話の内容が明瞭に聞こえないのだと思う。
だからそこに不安があるのと、もう一つは異性との会話にある種の嫉妬が働くのだと考えられるのだ。これは娘と話していても同じ様相を呈するのだ。まことに対応に苦慮する次第だ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yeti0328

Author:yeti0328
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。