FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不穏へのトリガー

2017年5月5日(金)
IMG_2149_convert_20170505105842.jpgIMG_2150_convert_20170505105647.jpgIMG_2151_convert_20170505105409.jpg

世にいう大型連休で今日はこどもの日、昔の様に素直にそのまま(・・・兄さんがちまき食べ食べ計ってくれた背の丈・・・・)と歌われた叙情が何処か薄れてきている昨今のこどもの日だ。閑話休題。
妻がどのようなきっかけで怒りに変わり暴力を振るうのか見極めが大変難しい。昨日も終日大荒れだった、言葉の暴力(暴言)ではなく行動だ。前回の4月29日のブログにも書いたが、見境もなく目の前のものを投げつける、激しく襲いかかる、無抵抗な(抵抗すれば必ず妻を傷つけることになる)僕は生傷が絶えない。今回はその暴力が翌日の主日(日曜日)にも続いた。迎えに来て下さりる教会の方が今日は休んだ方が良いと進言してくださった。
主日に家にいるのは全く心が落ち着かない。妻を寝室で休ませ、その間にその日の礼拝での讃美歌を歌い、聖書箇所を朗読し、しばし祈った。終わっ寝室に行くと下の失敗をしていた。汚物を避け下着を取り替えるが抵抗が止まず、例によって忍耐の一語でひたすらことを運ぶ。夕方訪ねて下さった教会の方が、妻の激しい形相をご覧になり、夕飯の支度も出来ていないことを察知してくださり、いろいろと買い求めて来て下さった。
最近は微熱が出る。一時は八度を超えた。医者の処方によりカロナールを飲ませ熱を下げる。八度の翌朝、検温を試みた、これががきっかけで、激しい暴力が始まった。体温計を投げ捨て、食卓の砂糖壺を投げつけ周囲は砂糖で染まる。眼鏡は吹っ飛びあわやコンピューターに手がかかりそうになる。・・・こうした暴力のきっかけはなんだろうか。いろいろな現象を観てみると、一つには自分の意見(感情)、要求、体調などを相手に言葉で十分に伝えられない、そうしたもどかしさが行動に表れるのか。そのようなこととは無関係に、これが認知症の特有な病状なのか。暴力へと移る兆しを見極めることが大事なようだ。そしてやがて襲って来る暴力行動を未然に避けて行くことだろうか。その兆しとはなにか、それは目ではないか。目が異様に恐ろしくなる。表現が上手く出来なほど一種特有の目つきになる。それが兆しだろう。嵐の前兆だろう。上手く関わって行くサインかも。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yeti0328

Author:yeti0328
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。