五感で知る

2017年5月11日(木)

2016061114270002_convert_20160623111455.jpg

<span style="font-size: x-large">妻は今月の八日から11日間に及ぶシャロームでのショートステーにお世話になっている。ショートステーにしろデーサービスにしろ、迎えの車には大人しくは乗らない。今回は、はじめから僕が同乗して一応シャロームまで行く計画にした。僕と一緒であれば安心して乗ってくれる。シャロームにつくと、しばらくロビーでご担当の方を交えて雑談し、頃を見計らってトイレに立ち、そのまま立ち去る。少し可哀想に思うが、後はご専門の方達にお任せすることにしている。しばらくは『お父さんはどこ・・・・・』と不安がり、私も帰ると言い出すようだが、時間が経つにつれ落ち着くようだ。
数日前フェースブックに施設長さんに手をつないで頂き、にこやかに館内を歩く姿をアップされていた。娘にその写真の話をしたら、すかさず『そりゃそうだよ、お父さんはまず我ありきだからね・・・・』と言われてしまった。客観的にはそう思われるようだ。しかし僕としてはそのような思いはない。いや、そんな気持で妻には絶対接していない。きっかけもなく(実はあるのだろうが)暴力が始まるときいかに避けるか、殴りかかるのは手で防戦すれば良いが、見境もなく物を投げる場合、必死に声で止めさせる場合がある。それでも治まらなければ、もぎ取るために争いとなる。その現場を見ていない者にとっては、取っ組み合いかと思うだろう。前回も書いたがきっかけつまり兆しを読み取ることが出来ないのだ。その点で娘が言うように『まず我ありき』というのかも知れない。自分の考え、判断を抑えて、あくまで客観的に妻の感情をあるいは求めているものを伺い知ること必要なのかも知れない。将に五感で知るということであろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yeti0328

Author:yeti0328
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード