人智のむなしさ

2017年8月9日(水)
IMG_0540_convert_20100407105947.jpg
ピアノの上の土笛

台風五号が九州南部から西日本を襲いさらに本州を縦断し多くの被害を残していった。このところ気象異変で各地に豪雨を伴う災害が多い。横須賀には被害がないので被災地の皆さんの苦労は本当には味わっていない。どうすれば痛みを分かち合うことが出来るかと考えると人智のむなしさを感じる。
妻は今週の初めから金曜日までの予定でショートステーのお世話になっている。一週空けて21日~30日までのショートステーが予定されている。今回は迎えの車にどうしても乗らず、一度迎えの方に引き取って頂いた。一時間ほど時間をおいて僕がタクシーで送っていった。勿論、事態を理解してのことではない。よくわからないままに僕と同行して施設に行くわけである。施設のチャプレンが僕と相談があるといって、妻のおる場所から別のところに僕だけを誘導して、そのまま僕は帰ることになる。
多分妻は程なく僕が戻って来ると思っているだろう。しかし、そのことは、まもなく忘れて施設の環境に埋もれて行くようなのだ。こうしたことは毎回である。つまりは本質的に妻は施設に行くことは好まないのだ。ただ認知症の病のために次の瞬間には過去のことを忘れてしまうのだ。こうしたいわば妻の疾患を利用してショートステーなりデーサービスなりにお世話になっているといえる。これは妻の知的能力の欠陥を利用しての心が痛む手段といえる。さらに考えさせられるのは、ショートステーにしろデーサービスにしろ医学的治療が行われることではなく、特にショートステーでは漫然と集団の中で過ごすだけに過ぎない。家庭の環境から全く強制的に切り離され、ある意味孤独な環境におかれるといえよう。そう考えればこれらの行為は妻のためというよりも、介護者である僕のためということになりはしないか。介護者の僕の安らぎも大事だと専門家はいうが、でもそうであれば僕が我慢すれば、妻を施設に追いやる(?)必要はないのではないか。八月のショートステーの日程は既に決まっている。来月からどうするか改めてケアーマネージャとも相談してみたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yeti0328

Author:yeti0328
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード