FC2ブログ

言葉

2018年1月25日(木)
PC100591_convert_20101210232426.jpg
春を待つ庭の梅の木に羽を休めるキジバト</span>

前回のブログにも書いたが、最近の妻はいくらか脚力が備わったようで、トイレの時もおむつを取り替える介護士さんの声掛けに、しっかりと体を支えるようになった。車椅子も一人で両足を使って前進や後進が結構な速度で廊下や食堂を動き回る。そうしたことが本人にとっては良いことだろうが、逆に危険を招く。今回も食堂のテーブルを支えに立ち上がろうとしたらしいが、床の上に転んでしまった。運悪く介護士は他のユニット(居住区)に出ていたので、転んだ状態のまましばらくして発見されたという。幸い今回も怪我はなく事なきを得た。身体機能の回復を願うとともに、多少の危険は覚悟せねばならない。
言葉というのは余程注意して用いなくてはならない。自分では全く相手を責めているのではないが、相手にとっては責められているように受け取る場合もある。身内同士であってもそうだが、まして他人である介護士に対しては細心の配慮が必要だろう。言葉に注意することも大事だが、信頼関係を構築することも大事だ。あの人に限っては責めるような人ではない、という信頼関係だ。信頼されないのも責任はあるだろうが、そこは真の性格を理解し、信じ、あの人に限ってという信頼関係がしっかりと確立される以外には、言葉によっての誤解は避けられないだろう。懸命に奉仕をされる数少ない介護士の方々に対してはなおのことだ、

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yeti0328

Author:yeti0328
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード