FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮膚がん

2018年6月12日(火)
tori0818_convert_20100818222651.jpg
NHKの画像から

このところ庭が荒れ放題。大きな梅の実が庭中に転がり落ち、朽ち果ててゆく。一昔前なら梅の木に登って丹念に採ったものだ。庭一面が草で覆われ、ドクダミが我が物顔で白い花を咲きほこらせ、庭の飛び石を覆うように青い葉っぱが茂るに任せている。妻が施設に転居してからは、庭もそうだが、リビングルームも雑然として潤いがなくなった感じだ。つまり家庭の温かみが感じられない環境になってしまった。観葉植物も最近までは部屋のたたずまいを明るくしていたが、その面影が消えてしまった。
結婚直後に妻が行商に来たおばさんから買い求めたモンステラが、二メートルほどに成長し、みずみずしいみどりの葉を茂らせていたが、ウッドデッキに放り出していたら枯れてしまった。63年の結婚生活の歩みと共にしてきたのに、なんとも残念だ。ところが最近根元から芽が出てきて青葉が育ち始めた。起死回生とばかり今は大事に育てている。
さて妻の健康だが、先に書いた皮膚がんの件はこの7日の担当医の説明で癌と判明した。
べセルナクリームという薬を処方された。これは面倒な扱いで、一日おきに週三回、一か月患部に塗布するのだが、毎回、夜には洗い流す必要があるのだ。一か月経つと次の一か月は塗布をやめ、また同じサイクルを繰り返すのだ。介護士の方も大変だと思うが僕は見守る以外に道はない。完治して呉れることを願ってやまない。
最近僕が体調を崩し、レントゲンやCTでの検査を受けた。心臓が二年前に比べて肥大していることが判った。今のところの診断は心不全だそうだ。しかし肺にガラスの粉のような異質なものが見えるそうで、その原因を今後突き止めてゆくことになった。幸い肺がんではないらしい。お陰で週に一回担当医の診察を受けることになる。時折37度を超える微熱が出る。家族は週に三回もホームに面会に行くことで疲労が蓄積しているのではないかと危惧してくれている。しかしこればかりはやめたくない。少しでも多くの時間を妻と共有してやりたいのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yeti0328

Author:yeti0328
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。