FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジレンマ

2018年6月17日(日)
1806150328.png
昨年頂いた紫陽花を、庭の片隅に植えておいたら、結構成長し、今年は美しい花が咲き誇っている。なにも手入れをしてやらなくとも紫陽花は本分の開花をしっかりやり、梅雨の時に合わせて美しい姿を見せる。植物は勿論、神の被造物だが、手入れをしない人間に何も不平を言わずに、創造の神のご意思にそって自らの務めを果たすのだ。それから考えると人間は怠惰なもんだ。
妻の皮膚がんの治療は複雑な手順の塗り薬で始まったが、14日に面会に行ったとき塗布する場所が違っていた。ざらざらしているのでそこだろうと介護士の方が判断したらしいが、手術に立ち会ったとき、患部はもっと上の方だった。早速看護師の方を呼んでいただき、場所の確認をしたが、はっきりとはしなかった。塗られた場所は赤く変色していた。皮膚科の先生と確認して対処することになる。医者は常駐ではないのでこのような時は極めて不便である。
ホームに妻を訪ねて毎回思うのは、食事の供与、排せつの世話、定期的な風呂、日常の着替え、洗顔に歯磨き、投薬といった生活面での介護は完璧だろうが、機能的な訓練、つまり歩行能力の向上のための訓練、言葉のリハビリ、孤独に対しての精神的なケアーはとても十分とはいえない。それらは特養の果たすことの出来る行為ではないのだ。施設の機能上、果たせないのだ。それを責めるつもりはないが、ではだれがその勤めを果たすのかと問われると、家族しかないのではないかと思う。そこに出来る限りの時間を家族が寄り添ってゆくべき勤めがあると思う。勿論それぞれには家庭の事情がある。寄り添う時間が容易に得られないのも理解できる。だから結局成り行きに任せる以外に道はないということになるのだろう。
特養に入れば認知症が進行するということを聞かされたが、妻にはそのことがはっきりわかるのだ。では家に連れ戻せるかといえば、最早家庭では介護が出来る状態ではない。そこにジレンマがあり、辛さがあるのだ。許される限り、寄り添ってゆく時間をより多く求めてゆこう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yeti0328

Author:yeti0328
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。